ペットボトルのリサイクル商品紹介サイト

>

私なりの簡単な仕分け方法

PETって何の略?

Poly Ethylene Tererhthalateの略となっております。
日本語に訳すとポリエチレンテレフタートとのこととなります。
以下略してPETと言いますが、PETとは高機能樹脂の一つのことです。
繊維としては他の合成繊維よりも耐熱、弾性回復などとても優れた繊維さんなのです。
商品名はテトロンと言い、衣料品やタイヤコードなどに使用されています。
他にも成形材料、電気部品、自動車部品と幅広く色々なものに使われています。
日々使用しているような日用品としても使われているかもしれません。
そう考えるとペットボトルとは素晴らしい素材のように思えますね。
再利用先が沢山あるのですから。
もしかしたら、今後ももっと再利用先が増えていくのかもしれませんね。

どんな種類のボトルがあるの?

ボトルには4つの種類があります。
耐熱用、無菌充鎮用、耐圧用、耐熱圧用とあり、それぞれ使用される飲料の中身が決まっております。
前二つは炭酸の無い飲料となり、後ろ二つは炭酸飲料となります。
ささやかな違いですが、耐熱用は口部が白く、無菌充鎮用は口部が透明です。
そして二つとも底が共通で平たいものとなっております。
耐圧用は口部が透明で耐熱圧用は口部が白く、そこが花形です。
お気づきでしょうか?
そうです、どれも耐熱は口部が真っ白なのです!
そして、常温でいけるものは皆口部が透明。
不思議ですが、私はペットボトルを作った人では無い為なぜそうなっているのかはわかりません。
ですが、こういったことがわかるとなんだか楽しい気分になっちゃいますよね。


この記事をシェアする